「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

CryptoNinja Partners(CNP)がふるさと納税でゲット!?「余市町ふるさとCNP2022」【NFT】

余市町ふるさとCNP2022

北海道余市町のふるさと納税でCryptoNinja Partners(CNP)の返礼品バージョン「余市町ふるさとCNP2022」が提供されると発表されました。

CryptoNinja Partners(CNP)が返礼品だとよかったのですが、さすがに現在の時価や価格が変動することを考えれば、無理ですよね(笑)

記事の信頼性

🍀「CryptoNinja Partners」72体保有
🍀「CNP Jobs」「Very long CNP」各10体以上保有
🍀「CryptoNinja Party!」Epic3体・Rare3体保有
🍀 NFT Artista(NFTアートメディア)運営

CNPファミリーを知りつくしている、ぼくが「余市町ふるさとCNP2022」について「シンプルにわかりやすく」解説します。

「CryptoNinja Partners (CNP)」について

数字でみるCryptoNinja Partners (CNP)

知らない方もいるかもしれないので「CryptoNinja Partners (CNP)」について、簡単に説明します。

CNPは、40,000人以上が参加する国内最大級のDAO「NinjaDAO」の1プロジェクト。

忍者をテーマに展開するIP「CryptoNinja」のスピンオフNFTコレクションとして、DAOの参加者がプロジェクトメンバーとなり、企画・デザイン・開発・マーケティングを行なっています。

CNPが目指すのは、キャラクターや作品のファンが「パートナー」にもなれる世界。
NFTの短期売買による利益ではなく、「保有することで得られる価値」を最大化する取り組みに力を入れているとのこと。

ぼくは実際にCNPホルダーですが、保有することで得られる価値というところでは、非常に高い満足度を得ています。


みなさんもCNPが欲しいなと思ったなら、買う方法をまとめた記事をはっておくので参考にどうぞ

» 「CryptoNinja Partners (CNP)」を最速で買う方法と特徴・将来性・価格について解説!

「余市町ふるさとCNP2022」の4つの特徴

余市町ふるさとCNP2022 余市町を訪れるとレベルが上がるNFT
返礼品送付時のNFT(左)と、余市町を訪れることでレベル上げされたNFT(右)

余市町の魅力とCNPの魅力が込められたNFT

「余市町ふるさとCNP2022」はパーツ・背景・キャラなど組み合わせは222種類。
さらに余市町ならではの特産品であるワインや名所をモチーフにした背景が組み合わされます。

メインキャラクターは「CryptoNinja Partners (CNP)」でトップの人気を誇る「ルナ」を起用。
このビジュアルだけで欲しい方は多いのではないでしょうか。

面白い仕組みとしては、余市町を訪れるとNFTのレベルを上げることができる機能を実装予定。
これをきっかけに余市町を訪れる方も増えそうですね。

返礼品NFT保有者特典

余市町の人気ワイナリーのワイン優先購入権やNinjaDAOのCNP保有者のみ参加可能なdiscordチャンネル「office-ジェネラティ部」が1か月体験できる権利が付与されます。

「office-ジェネラティ部」では新しい情報や企画について話されています。
その楽しさを1か月体験すると、CNPが欲しくなっちゃうかもですね(笑)

ワインの優先購入権はCNP保有者にも割り当てられる予定とのこと。
最近、CNPのユーティリティが増えていますが、さらに保有価値が高まりそう。
CNPホルダーのボクとしては、うれしい限りです。

日本円の決済でNFTが受取可能

「余市町ふるさとCNP2022」は通常、NFT売買で利用するイーサリアム等の暗号資産は必要なく、日本円で決済が可能です。

ポータルサイト「ふるさと納税NFT」を用いて寄付をしますが、その特典として初心者向けのNFTセミナーを受けることができます。

まだNFTを始めていない方にとっては、ハードルの低さ・本格的なNFTに移行可能なCNPファミリーのNFTということをふまえると、NFTを始めるチャンスですね。

NFTを通じた観光促進

寄付開始記念として、余市町内にCNPのキャラクターがデザインされたマンホール「CNPマンホール」が設置予定です。

これを見にCNPフォルダーやファンが聖地巡礼をするパターンができるかもしれません。

「CNPマンホール」については詳細の発表はされていませんが、どのようなクオリティのものか興味がありますね。

「余市町ふるさとCNP2022」の概要

  • 発行チェーン: Ethreumチェーン
  • ふるさとCNPの概要: 地域の名産品や名所をモチーフにした背景にCNPの人気キャラクターを組み合わせた合計222種類の1点ものNFTです。自治体ごとにNFTの保有者特典が用意され、CNPマンホール等の独自企画も行われます。
  • 寄付受付サイト: ふるさと納税NFT β版(株式会社あるやうむ)
    当日オープン予定の「ふるさと納税NFT β版」を開き、返礼品として受け取りたいNFTイラストを選択し、寄付を証明するのに必要な情報及び、NFT送付先のウォレットアドレスを入力。以下サイト(https://forms.gle/Q6LosHUJxsF1NDoN8)より事前エントリーを行う事が出来ます。
  • 寄付受付開始: 2022年10月21日(金)18時00分(予定)
  • 寄付金額:3万円/1種類
  • 注意事項:NFT発行から、1年間の転売制限。

まとめ

「CryptoNinja Partners (CNP)」では、はじめてのふるさと納税企画ですが、企画内容の充実ぶりをみると全国的に広まりそうな雰囲気。

いままでのふるさと納税は食べたり、使ったりして終わりでしたが、NFTは永続的に続くものということで新しい体験ができそうです。

さらに1年後、売却可能になった時の価格も興味がありますね。
びっくりするような価格がついていたりして…

いろいろな楽しみがある「余市町ふるさとCNP2022」は申し込むしかない⁉


まだ、「CryptoNinja Partners (CNP)」を持っていない方は買い方などを、まとめた記事がありますので参考にどうぞ

» 「CryptoNinja Partners (CNP)」を最速で買う方法と特徴・将来性・価格について解説!