「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

YOSHIKIさん×落合陽一さんがライブで初対談!「みんなの音楽 with YOSHIKI」のライブ配信が決定

17LIVE株式会社が運営するライブ配信アプリ「17LIVE(ワンセブンライブ)」は、17LIVE株式会社の社会活動プロジェクトのグローバルアドバイザーであるYOSHIKIさんとともに、音楽シーンにおけるライブストリーミングの技術や文化をベースに、“持続可能な社会やSDGsに音楽が貢献できること”を考える特別番組「みんなの音楽 with YOSHIKI」を、4月15日(金)21時30分よりライブ配信するとのことです。

今回お送りする「みんなの音楽 with YOSHIKI」は、「17LIVE」が昨年9月26日にSDGsをテーマにライブ配信で実施した特別番組、「みんなの17LIVE」の続編となります。ライブ配信プラットフォームを通じてSDGsについてリスナー(ライブ配信視聴者)の皆様と考え、“音楽”という人々の日常の生活を豊かに彩る要素が今後どのように持続可能な社会に貢献するのかについて、さまざまな企画をお届けいたします。

YOSHIKIさんはグローバルで音楽活動をされるとともに、積極的に慈善活動を推進。2021年には、公益のために多額の私財を寄付した個人や団体に贈られる「紺綬褒章(こんじゅほうしょう)」を叙勲されたことでも知られています。さらに、本ライブ配信ではメディアアーティストの落合陽一さんをゲストにお迎えし、YOSHIKIさんとのスペシャルな“ライブ対談”を予定しています。『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs』の著者でもある落合陽一さんと、日本のみならず世界の音楽シーンにおいて様々な取り組みを行ってきたYOSHIKIさんの「初」となるスペシャルなトークでは、これまで社会に与えてきた音楽の役割や意義について考えながら、今後音楽の持つポテンシャルについてたっぷりと語っていただきます。

 YOSHIKIさん落合陽一さんのコメント

YOSHIKIさん(グローバルアドバイザー)コメント

お会いするのは今回初めてですが、海外にいても落合さんの発言はよく耳にします。
SDGsやブロックチェーン、AIなど含め、未来を見据える先見の明は素晴らしい。
落合さんは、時代の岐路に立たされている日本にとって、とても重要な存在だと思っています。
今回、17LIVEのライブ配信で直接お話ができることを、とても楽しみにしています。

落合陽一さん(ゲスト)コメント

中学生の頃X JAPANの曲を拝聴していたので楽しみです。
人生:ありとあらゆる時間と空間で繰り広げられるものは音楽、人間は壊れたラジオみたいなものだと思って毎日生きておりますが、耳だけではない音楽性が持続可能性とどう向き合うか、質量のあるものとないものが如何様に調和していくかなどをお話しできれば嬉しいです。

「みんなの音楽 with YOSHIKI」 概要

配信日:
2022年4月15日(金)21:30~22:30(予定)

配信アカウント:
みんなの音楽 with YOSHIKI
https://17appv2.onelink.me/D7OH/glqavv34

出演者:
YOSHIKIさん(グローバルアドバイザー)、落合陽一さん(ゲスト)、ジョー横溝さん(MC)、三原勇希さん(MC)

出演者プロフィール(敬称略)

YOSHIKI

作詞家、作曲家、「X JAPAN」リーダーとしてピアノ、ドラムを担当。
これまでに天皇陛下御即位十年記念式典の奉祝曲、愛知万博公式イメージソング、ハリウッド映画のテーマソング、そして世界最高峰の米ゴールデングローブ賞 公式テーマソングを作曲するなどグローバルに活動。
YOSHIKI率いるX JAPANは、これまでアルバム・シングル合わせ3,000万枚を超える売上げを誇り、55,000人収容の東京ドームを18回ソールドアウトにした記録を持つ伝説のバンド。2014年に米ロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演、2017年に英ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ公演を成功させ、米クラシックの殿堂カーネギーホールでの単独公演とあわせ、アジア人として初めて音楽の3大殿堂を制覇。
音楽活動以外にも、自身が立ち上げた着物ブランド「YOSHIKIMONO」のデザイナーや、2021年には、仏バカラのアルクール・グラス180周年を記念したデザイナーに抜擢されるなど、活動は多岐に渡る。
また、米国“501(C)(3)” 非営利公益法人 Yoshiki Foundation Americaを設立し、長きに渡り慈善活動に力を入れている。米グラミー賞を主催するRecording Academy®の音楽チャリティ団体「MusiCares®」との、メンタルヘルス問題を抱える音楽関係者支援プログラムの立ち上げや、今年2月には「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」への寄付など、国を越え様々な支援活動を継続して行っている。これまでの積極的な活動と影響力が評価され、2019年には『Forbes Asia』が発表した“アジア太平洋地域の最も優れた慈善家30人”の一人に選出されており、2021年には紺綬褒章を受章している。

落合 陽一

メディアアーティスト。1987年生まれ、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター長、准教授・JSTCRESTxDiversityプロジェクト研究代表。IPA認定スーパークリエータ/天才プログラマー.ピクシーダスト テクノロジーズ代表取締役。
2017年 – 2019年まで筑波大学学長補佐,2018年より内閣府知的財産戦略ビジョン専門調査会委員,内閣府「ムーンショット型研究開発制度」ビジョナリー会議委員及び内閣府ムーンショットアンバサダー,デジタル改革法案WG構成員,2020-2021年度文化庁文化交流使,大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーなどを歴任。
2015年WorldTechnologyAward、2016年PrixArsElectronica、EUよりSTARTSPrizeを受賞。LavalVirtualAwardを2017年まで4年連続5回受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeadersofTomorrow選出、2019年SXSWCreativeExperienceARROWAwards受賞、2021年MIT Technology Review Innovators Under 35 Japan ,2021 PMI Future 50、Apollo Magazine 40 UNDER 40 ART and TECHなどをはじめアート分野・テクノロジー分野で受賞多数。