「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

NFTクリエイターは絶対に知っていた方が権利の問題

創作活動をしていると知的財産権や著作権などの権利問題で迷う場面がありますよね。
特にNFT関連は新しい分野ということで、さらに難しい場面が増えています。

そんなクリエイターのみなさんに、すごく参考になる記事を見つけたので読んでほしいと思います。
むずかしく感じるかもしれませんが、絶対に必要な知識なので必ず理解するようにしましょう。

NFTに関して「NFT化」「NFTの保有」「NFTの売買」という表現が使われるとき、それは法的に見ると一体どういう意味なのでしょうか。
そこが明らかでないと、NFTの取引に関するトラブルが頻発しそうな気がします。

記事の趣旨がよくわかる部分を引用させていただきました。

 そこで、本記事では、まずNFTについて法的に分析しやすいように定義を行い、その上で「NFTで可能になること」をちらっと紹介した上で、メイン論点として「NFTの取引において実際には何が行われているか」を法律的な面から分析してみたいと思います。

STORIA法律事務所

記事のリンクを下に貼っておきます。

今回の記事がクリエイターのみなさんにとって純粋に創作活動をうちこめる環境になる助けになれば幸いです。

STORIA法律事務所

はじめに 流行っていますね、NFT。 もう沢山事例が紹介されているのでここでは触れませんが、いくつかのNFTが超高額で取…