「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

NFTクリエイターおすすめ 6選 【2022年最新】

こんにちは!
KiraBlueです。

Cool NFT Creators(#CLNCs)で紹介したクリエイターさんを、まとめました。
すでに活躍中のクリエイターさんばかりです。
NFTを購入したい方は、購入の参考にしてくださいね。

※「Cool NFT Creators(#CLNCs)」はインタビューをメインにNFTクリエイターさんを紹介する企画

NFTをこれから始めたいと思っている方は、こちらに「NFTの買い方」の手順をまとめました。
楽しいNFT生活を、スタートさせちゃってください!

NFTの買い方

OpenSeaで初めてのNFTアートを買おうと探してみたけど、買い方がわかりません。OpenSeaでNFTアートを買う方法をかんたんにわかりやすく教えてほしい! そんな悩みに今回は答えていきます。 […]

NFTクリエイターおすすめ 6選

鎖(Kusari)さん

鎖というの名前の由来、作品に散りばめられたkusariの意味、そこにはストーリーが隠されています。


もっと、鎖さんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

「Cool NFT Creators」と題した、インタビューメインの企画がスタート。この企画は活躍されているNFTクリエイターさんを、さらに多くの方に知ってもらうために紹介するものです。内容は、いたってシンプル。毎回、ひと[…]

風和りん(FūwaRin)さん

瞳を描くために、毎回30枚近くのレイヤーを使用しているそうです。
その事実が、作品のクオリティの高さを証明しています。


もっと、風和りんさんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

「Cool NFT Creators」と題した、NFTクリエイターさんへのインタビューをメインの紹介する企画も2回目。この企画は活躍されているNFTクリエイターさんを、さらに多くの方に知ってもらうために紹介するものです。内[…]

TETETE(ててて)さん

カラフルな作品が特徴的です。
感覚的に配色していると思いがちですが、実際は論理的に配色しています。
そのこだわりは本当にスゴい。


もっと、TETETEさんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

「Cool NFT Creators」と題した、NFTクリエイターさんへのインタビューをメインの紹介する企画の3回目。この企画は活躍されているNFTクリエイターさんを、さらに多くの方に知ってもらうために紹介するものです。内[…]

あまな(AMANA)さん

印象的な瞳を描くために、たくさんの色を使ったり、瞳の密度を高くするためにハートや文字を入れることも。
最近はピンク色にハマっていて、ピンク色の作品を描くことが増えてそうです。


もっと、あまなさんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

「Cool NFT Creators」と題した、NFTクリエイターさんへのインタビューをメインの紹介する企画の4回目。この企画は活躍されているNFTクリエイターさんを、さらに多くの方に知ってもらうために紹介するものです。内[…]

木野なえ(Kino Nae)さん

表情がとても繊細です。
今にも何かを話しかけられるのではないかという、不思議な感覚をおぼえます。


もっと、木野なえさんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

・NFTを買いたいけど、ステキなクリエイターさんが見つからない...・スキなクリエイターさんが、どんな想いや環境で絵を描いているか知りたい・ほかのクリエイターさんは、どうやってコレクション運営をしている? こ[…]

春海にむ(Nimu Harumi)さん

美しく透明感があり、繊細な表情を表現する感性が圧倒的です。
どの作品からも、キャラクターの心が伝わってくる。


もっと、春海にむさんを知りたい方はコチラ👇

NFTクリエイター

・NFTを買いたいけど、ステキなクリエイターさんが見つからない...・スキなクリエイターさんが、どんな想いや環境で絵を描いているか知りたい・ほかのクリエイターさんは、どうやってコレクション運営をしている? こ[…]

NFTクリエイターおすすめ 6選のまとめ

今回は、Cool NFT Creators(#CLNCs)で紹介したクリエイターさんをまとめました。

興味があったクリエイターさんがいた方は、リンク先の記事を読んでいただいたと思いますが、どの記事のインタビューもクリエイターさんの人柄を感じてもらえたと思います。

なぜ、そんな自信を持って言えるのか?
それはインタビュー記事のテキストは、全てクリエイターさんの言葉だからです。

ボクは、クリエイターさんを紹介することはもちろんですが、その作品を生み出したクリエイターさんを伝えたいと思っているからインタビュー記事のテキストは直しません。

これからも、クリエイターさんを伝えるということを大切にしていきます。


ステキだなと思うクリエイターさんを見つけたら、取材のお願いを軽率にしていくので、あやしまずフレンドリーに接してもらえると、うれしいです(笑)

最後になりましたが、忙しい中、協力してくれた6名のクリエイターさんに感謝です。
本当にありがとうございました。