「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

公務員写真家・鎌田光彦さんが北海道の風景写真NFTをOpenSeaにてオークション販売開始

NFTマーケットプレイス「OpenSea」において公務員写真家・鎌田光彦の写真NFT「ICE JUEL」「BLUE FANTAZY」「Northern FUJI」のオークション販売が5月9日18時まで行われます。

鎌田光彦 写真NFT「ICE JUEL」「BLUE FANTAZY」「Northern FUJI」 販売概要

鎌田光彦は北海道をテーマに日本画のような質感描写、絵本を思わせるファンタジーな情景描写にこだわった「絵画のような」作品と自然の中にある、調和の取れたアートな造形美をコンセプトに北海道の自然風景が魅せる「光」が織りなす感動的な風景の撮影とその唯一無二性によって国内外で高い評価を得ています。

北海道の自然風景の中に、どこか夢で見たかのような心象的な情景を探し、その「心象風景」を現実の世界で表現することをテーマに作品づくりを行なっており、写真でありながらも日本画や絵本のような質感で北海道を130市町村をめぐり撮影した作品は北海道の新たな価値を再発見するきっかけとなり、これまで多くの人を魅了してきました。

本取組は鎌田光彦が撮影した写真「ICE JUEL」「BLUE FANTAZY」「Northern FUJI」をNFTとしてオークション販売することで国内外のより多くの人々に鎌田光彦が作品に込めた思いや創作秘話を届けることを目的としています。

また、写真のデジタルな鑑賞体験の中長期的な普及促進に向けて美術館や展示会が再開される中、NFTを1つのコミュニケーションツールとして活用することで、リアルとデジタルが溶け合う新たな経済圏の創出が可能となり、より多くの人々が様々な北海道の風景写真に触れ合う機会を創出することができると考えております。

本取組はNFTによるデジタルな鑑賞体験を通じてフィジカルな展示会等への参加が困難な国内外のファンに鎌田光彦作品を親しんでいただくと同時に暗号資産・NFTエコシステムとの融合によるコンテンツビジネスの新たなあり方を中長期的に模索、検討することを目指しています。

写真NFT「ICE JUEL」「BLUE FANTAZY」「Northern FUJI」は、5月9日18時までの期間、各1点限定で販売されます。

また、本取組における本年度の収益は各手数料を差し引き、北海道の芸術文化支援団体に全額寄付をするとのことです。

NFT名:「ICE JUEL」
販売場所 URL
https://opensea.io/assets/0x3879c55a8b0fab33bd6c4cb2c5a01481a3f11f6a/1

NFT名:「BLUE FANTAZY」
販売場所 URLhttps://opensea.io/assets/0x3879c55a8b0fab33bd6c4cb2c5a01481a3f11f6a/2

NFT名:「Northern FUJI」
販売場所 URLhttps://opensea.io/assets/0x3879c55a8b0fab33bd6c4cb2c5a01481a3f11f6a/3

鎌田 光彦さんについて

札幌市在住の公務員・写真家。
10年前、法邑ギャラリー企画展「写真100人展」の参加をきっかけに写真を始め、世界二大自然フォトコンテスト「Natures Best Photography」を2012、2014年に二度受賞。

海外においては米国スミソニアン国立自然史博物館(ワシントンDC)において2回の年間展示、国内においては東京・六本木「富士フィルムフォトサロン」、札幌駅JRタワー「Towers Garally」等での展示の実績がある。

2021年12月にはUHB北海道文化放送で「たったひとつの絶景を求めて~公務員写真家・鎌田光彦の見た北海道」が放送され、唯一無二の風景を追い求め北海道の新たな価値を写真を通じて人々に届ける活動は多くの反響を得ている。