「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

Web3ネイティブなエンタメコンテンツを創り上げる「MetaSolare(メタソレア)」が発足

エンターテインメント、ブロックチェーン技術、金融といった各界のエキスパート8名で、スタートアップとして「分散型エンターテインメント・エコシステム」の構築を目指すとMetaSolareから発表がありました。

「MetaSolare」の発足について

今世界中で、NFTやトークンを活用した新しいジャンルのエンターテインメントが急速に拡大し、Web2からWeb3へという新しい時代を迎えようとしています。

新しい時代にはユーザーが主権を持ち、様々な意思決定に参加をしていくオープンなアーキテクチャが求められています。

例えば、ユーザーがメタバース上で現実世界とは別のアイデンティティを持ったり、トークンやNFTを所有することで運営へ直接参加できたり、これまでのエンターテインメントの既成概念を超えた自由な発想で組み立てられる世界です。

このような時代背景の中で、従来型のエンターテインメントのあり方も大きな変革を迫られています。

この変革に対応するためには、エンターテインメント業界だけではなく、ブロックチェーン技術や金融など、業界の枠を超えて知見を集結させることが重要だと私たちは考えています。

そこで各業界のエキスパートを集め、今までにないエンターテインメントあふれるWeb3プロジェクト「MetaSolare」を発足しました。

プロジェクトビジョン

「MetaSolare」が目指すエンターテインメントプロジェクトには3つの要素が必要です。

それはユーザーがデジタル上でコンテンツを所有するためのブロックチェーン技術要素、コンテンツを中心とした経済を循環させ、持続可能にするための金融要素、そして、大規模な双方向のコミュニケーションを実現するためのゲーム技術要素です。

私たちは、コンテンツやIPを投機商品としてのみ取り入れるようなプロジェクトではなく、これらの3つの要素を融合して、ゲーム・音楽・アニメといったジャンルそれぞれにおいて、参加者全員で創り出す全く新しいエンターテインメント体験を提供していきます。

■Game Fi
ブロックチェーンを活用したゲームでは「Play to Earn」や「Play and Earn」という言葉がよく使われますが、私たちはその先にある、ゲームが日常と共にある社会を目指しています。

それは、ゲームを愛する世界中すべての人の「熱中」が有形・無形の資産となり、その誰もが様々な過程や場所に多面的に参加できる、ゲームの新しい未来を共に創り上げていく「共創」の姿です。

MetaSolareではこの目的を実現するために、大型タイトルの開発経験も豊富なチームも共創メンバーの一員として開発を進め、ゲームが創る理想の世界を描き、皆でこの夢を実現していきます。

■Anime Fi
アニメとブロックチェーン技術を組み合わせることで、ユーザー自らアニメに様々な角度から関与できる可能性が広がっています。

MetaSolareプロジェクトでは、NFTやトークン、テクノロジーを組み合わせて、ユーザやクリエイターと共にまったく新しいアニメの形を作っていきます。

好きなアニメーションの一部をデジタルで保有する体験。
保有しているNFTの絵柄から始まる物語を創出する体験。

そして今までにない新たなファンディングモデル。そんな経験したことのない世界をMetaSolareは提供していきます。

■Music Fi
私たちはアーティストとファンの絆を構築するための強力なツールとして、NFTやトークンが新しい所有体験や応援体験を提供することができると信じています。

そして、これからの時代は「人気者や楽曲の創り方」も変化をしていくと考えています。

例えば、NFTやトークンのホルダーとともに、アーティストやアイドル候補のオーディションを開催したり、皆んなで選んだメンバーをデビューに向けて一緒に育成したり、その様子を定期的にホルダーにライブ配信で共有する、そんなユーザ参加型のクリエーションをゲーム的な要素も加えながら構築していきます。

コアメンバー

コアメンバーには、エンターテインメント、ブロックチェーン、金融のプロフェッショナルでありトップランナーが個人として集まり、今までにない全く新しいエンターテインメント体験を提供する仕組みを作り、クリエイターとともに、ユーザーとともに経済圏を創り上げます。

KENTARO BEPPU(CEO / Co-Founder)
大手飲食企業の全国運営統括責任者に従事した後、畑違いのITマーケティング分野で起業し数々のプロジェクトを成功に導く。その後、2016年から開始した暗号通貨投資をきっかけにブロックチェーンの世界に魅了される。現在では、実業家・投資家として活動の傍ら「Ken Jinguji」という愛称でYoutubeやSNSなどを利用して、日本人のブロックチェーン関連や投資リテラシー向上に対する啓蒙活動を行っている。また、幼少期から大のゲーム好きで、今に至るまで自由時間の多くをゲーマーとして過ごしてきた。ブロックチェーンゲームの世界にもマネージャーやプレイヤーとして積極的に参画をし500名以上のギルド運営経験を持つ。MetaSolareではCEOとしてプロジェクト全体の重要な決定に関与する。

ASAHI IWANAGA(COO / Co-Founder)
99年University of Wisconsin-Madisonを卒業後、シリコンバレーのベンチャー企業にてECサービスの立ち上げに参画。2002年帰国後、日立にてシステム開発、ナスダック上場企業にて放送・VOD 関連のエンターテインメント事業でプロダクトマネージャーとして9年、さらに海外ゲームパブリッシングなどを経て、2019年4月エイベックス株式会社 執行役員、2019年5月エイベックス・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長に就任。2022年6月24日、MetaSolareプロジェクトに専念するため、エイベックス・テクノロジーズ株式会社の代表およびエイベックス株式会社の執行役員を退任、同時にエイベックス株式会社のWeb3/Blockchain Technology Advisorに就任。MetaSolareではCOOとしてプロジェクト全体の重要な決定に関与する。

MASATO MATSUURA(Co-Founder)
日本を代表するエンターテインメント企業「エイベックス株式会社」の創業者で現在は会長職。経営者としてはもちろん、「masato “max” matsuura 」の愛称でプロデューサーとしても30年以上にわたりエンターテインメントの世界で活動し、常識や固定概念にとらわれない革新的な手法で、数々のヒット曲を生み出し日本の音楽界を牽引してきた。ダンスミュージックを日本に広めた第一人者で、世界中の有名DJとも幅広い交遊関係を持つ。次世代のエンターテインメントをブロックチェーンやメタバースの世界に見い出す。

STEVE AOKI(Co-Founder)
全てのプラットフォーム合計で月間平均ユーザー7,700万人、グラミー賞に2回ノミネートされた音楽プロデューサー、アーティスト、ファッションデザイナー、そしてWeb3/NFTのビジョナリーとしての顔を持つSteve Aokiは世界で最も成功したクロスジャンルアーティストの一人。2021年に発表したNFTコレクション「Dream Catcher」以来、「Dominion X」(Stoopid Buddy Stoodiosと共同制作したブロックチェーン上に展開する初のエピソードシリーズ)や、NFT会員制コミュニティ「A0K1VERSE」の創設、NFTマーケットプレイス「OddKey」(VenomとSpawnのクリエイターであるTodd McFarlaneと共同)の展開に至るまで、Steve Aokiはメタバースで最も成功を収め、境界線を超える存在としての地位を確立している。さらにSteve AokiはThe SandboxとのパートナーシップによるAokiアバターの販売や、Snoop Doggとのコラボレーションによる「Da Da」EPのGala Music(ブロックチェーンベースの音楽マーケット)での独占リリースなどのプロジェクトを通じて文化的なタッチポイントを作り続けている。

TSUBASA MURAKAMI(CLO / Co-Founder)
金融財政事情研究所 認定M&Aシニアエキスパート、認定事業承継シニアエキスパート。政府系機関でクロスボーダーのエネルギー資産売買・事業投資検討・資金調達・プロジェクトマネジメントを6年間で200件以上経験。2016年より、事業投資エンジェル及びファンド組成にも参入。計20億ドル以上のファイナンスに参画。これら経験から、国内外の弁護士税理士と提携し、企業の新規事業検討、M&Aアドバイザリー中心に企業価値向上の支援を実施。米国UCLAにてファイナンス・マネジメントも専攻。慶應義塾大学経済学部卒。

SEIHAKU YOSHIDA(Co-Founder)
2018年株式会社HashPortを創業し、代表取締役に就任。IOST、Enjin、Qtum、Tron、Tezosなど多くのプロジェクトの日本展開を支援。2020年HashPortのNFT子会社として株式会社HashPaletteを設立し、代表取締役に就任。HashPaletteは、2021年に日本初となるIEOを実施し、10億円の募集に対して224億円の応募を集めた。日本最大の暗号資産業界団体である日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)「ICOIEO部会」にて部会長を務める他、東京大学工学系研究科共同研究員、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート「暗号資産研究プロジェクト」共同研究メンバーも務めている。HashPort設立以前は、ボストンコンサルティンググループに勤務。同社のデジタル事業開発部門であるBCG Digital Venturesにて、東京オフィス最年少のVenture Architect(投資・事業開発担当者)として日本及び中国でのプロジェクトに従事。慶應義塾大学法学部卒。

ROBERT TRAN(Co-Founder)
92年ボストン大学にてManufacturing Engineeringの学位を取得。2004年にグローバル情報サービスのリーディングカンパニーであるExperian(ロンドン証券取引所上場)に入社、Experian Asia Pacificの立ち上げ後VP及び支社長を務める。2009年より、アジアで最大のデジタルマーケティング自動化プラットフォームおよびSaaSソリューション提供会社であるiClick Interactive(NASDAQ上場)のエグゼクティブディレクターおよび共同創業者として、同社経営に従事。2015年、業界のリーディングカンパニーとなる、カスタマイズ時計のD2C企業UNDONEを香港で設立。香港と東京の2拠点体制で運営している。2021年3月、ブロックチェーンNFT技術を用いた次世代のクリエイタープラットフォームUCOLLEX INTERNATIONAL LIMITEDとMADWORLD HONG KONG LIMITEDを設立。同社CEOを務める。また、アニモカ・ブランズ・ジャパンの取締役兼エグゼクティブ・ディレクターでもある。

TAKASHI HATANAKA(Co-Founder)
1993年Goldman Sachsに入社。IT部門にてトレーディングシステム開発に携わった後、1996年ニューヨーク本社クオンツ部門、さらに2002年本社自己勘定取引部門にて、モデリング、リスク管理、そして株式デリバティブ・トレーディングに従事。2004年に帰国後、マネージング・ディレクターとしてアジア地域におけるクオンツチームの立ち上げを主導し2011年アジア部門の拠点である香港に赴任。その後最先端技術を駆使した株式デリバティブ・クオンツトレーディング部門を統括。2016年退社後、日本および東南アジア地域においてベンチャー企業および投資会社で出資者兼アドバイザーとして、主に機械学習と経営・資本戦略の分野でビジネスの立ち上げに参画。2019年帰国後、IT分野のみならず医療分野の重要性と可能性を痛感し、バイオベンチャー企業において常勤取締役兼CFOを務め、戦略的な自由診療分野における事業拡大と社会貢献に注力。

SHINICHI HISAMATSU(CTO)
慶應義塾大学大学院修士課程修了後、東京大学大学院 情報学環・学際情報学府、マサチューセッツ工科大学メディアラボ、慶應義塾大学看護医療学部にて研究員としてコンピュータサイエンスとマンマシンインターフェースを学ぶ。スタートアップ企業や先駆的な思想家を熱烈に支援し、過去10年にわたり、技術指導によって複数の企業の立ち上げを成功に導いてきた。ウェブ開発、モバイルアプリケーション、ブロックチェーンなど、デジタルの世界に精通している。前職のZen Global LimitedではCTOとして、マレーシアやイギリスをはじめとする多くの国の財団/NPO/NGO向けにブロックチェーンベースの寄付プラットフォームと監査サービスを構築。現在、青山学院大学にてデジタル技術を活用した起業家支援について研究している。

TERUAKI ASANO(CFO)
2005年Goldman Sachsファイナンス部門に入社。15年間にわたり債券、株式デリバティブ、不動産、未上場株式など様々な金融商品のバリュエーション、P&L、B/Sのモニタリングを担当する。2020年退社後、不動産系ベンチャー企業のCFOとして会社の資金繰り、バックオフィスの統括、投資資産のマネジメントを経験する。現在では、ベンチャーキャピタリストとして数多くのベンチャー企業に財務アドバイスを提供している。2002年立教大学卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科MBA、CFA、米国公認会計士全科目合格。