「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

MetaMask(メタマスク)をPolygon(ポリゴン)に接続する方法

  • 2022年5月18日
  • 2022年8月22日
  • MetaMask

ポリゴンのトークンをMetaMaskに追加したいけど、ネットワークを変えないと追加できないって聞きました。
ポリゴンのトークンをMetaMaskに追加する、かんたんな方法をわかりやすく教えてほしい!

そんな悩みに今回は答えていきます。

ぼくは、MetaMaskに複数のネットワークを追加して、いろいろなNFTを買っています。

そんな実体験をもとに今回はMetaMask(メタマスク)をPolygon(ポリゴン)に接続する方法を「シンプルにわかりやすく」で解説します。

MetaMask(メタマスク)をPolygon(ポリゴン)に接続する方法

手順① : MetaMaskをひらいてネットワークを追加する

MetaMaskをひらいてネットワークを追加する

きつねアイコンの右側にある「イーサリアムメインネット」のプルダウンメニューをクリック。

MetaMaskをひらいてネットワークを追加する

「ネットワークを追加」をクリック。

手順② : ネットワークの情報を入力する

ネットワークの情報を入力する

ネットワーク名などを入力します。
入力内容はポリゴン公式ブログで紹介されているネットワーク情報です。

  • ネットワーク名:Polygon PoS (Matic) Mainnet
  • 新規RPC URL:https://polygon-rpc.com
  • チェーンID:137
  • 通貨記号:MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

ネットワーク名はわかりやすい名前に変更しても大丈夫です。
間違えないようにコピペで入力してください。

入力ができたら「保存」をクリック。

ネットワークの情報を入力する

これでポリゴンのネットワーク追加が完了です。

手順③ : MetaMaskでネットワークを確認する

MetaMaskでネットワークを確認する

ネットワーク名が入力したPolygon PoS (Matic) Mainnetが表示されていて、トークンの単位がMATICにかわっていれば、設定完了です。

MetaMaskをポリゴンに接続する方法のまとめ

最後にまとめます。

  1. MetaMaskをひらいてネットワークを追加する
  2. ネットワークの情報を入力する
  3. MetaMaskでネットワークを確認する

こんな感じです。

思ったより、やさしいと感じた方が多かったのではないでしょうか。
今回、説明したとおりに進めてもらえれば、かんたんに設定することができます。

Polygon(ポリゴン)のネットワークが追加できたので、OpenSeaのポリゴンNFTアートを買うことができるようになります。
安価なものが多く、手数料がかからないので気軽にNFTアートを楽しめるのではないでしょうか。

NFTアート生活をエンジョイしていきましょう。