「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

メタバース空間と渋谷の古民家でイラストレーター「みたみん」の個展【Life 「MF」】を開催

  • 2022年4月12日
  • 2022年8月21日
  • NFT展

インナーブランディングを手掛けるシマウマ合同会社が専属アーティストのイラストレーター「みたみん」の個展「【 Life「MF」 】」を、4 月 18 日(月)から 24 日(日)に渋谷のんべい横丁で開催、個展ではデジタルアート作品を印刷し、そこに「みたみん」自身が更にアナログで手を入れた 1 点ものを展示すると共に、並行して 4 月 13 日(水)〜30 日(土)に、印刷・加工前のデジタルアート作品をメタバース空間でも展示します。
※デジタルアートは、メタバース空間ではなくマーケットプレイスのOpen see で 5 月以降の販売開始予定で準備中。
詳しくは、NFT 用の Twitter(https://twitter.com/m1tqm1n_NFT) で情報を発信するとのこと。

みたみん (m1tqm1n)

Z 世代のイラストレーター。
2022 年春から京都祇園より上京。
多くの作品は、スマートフォンを使って描かれている。
1 本のラインで人の感情を緻密に描きあげ、さらにカラーにもそれを込める。みたみんに襲ってくるネガティブな感情が、絵を描くことによって全てポジティブに変換され、その作品を見る人の心にパワーを与える。
女性が描く女性の「美」というのは、男性が描く女性の作品よりもマイナーだった。そういった性差による概念すら、もう無くなってしまえ、と叫んでいるかのようなイラストが、みたみんの作品である。写真、歌唱、被写体などの才能も際立っている。

Twitter:https://twitter.com/M1tqm1n_xx
Instagram(イラスト):https://www.instagram.com/m1tqm1n_1llust/
TikTok:https://www.tiktok.com/@m1tqm1n?is_from_webapp=1&sender_device=pc

個展情報

名称 :【 Life 「MF」 】
会場 :「おばんざい LC」(仲通りレンガ造り 2 階建て古⺠家居酒屋)
所在地 :東京都渋谷区渋谷 1-25-10 渋谷のんべい横丁内
会期 :2022 年 4 月 18 日(月)〜24 日(日)の 7 日間
開場時間:(月〜土)18:00〜24:00、(日)14:00〜20:00
入場料 :無料
主催 :シマウマ合同会社
備考 :飲食店内での展示のため、作品と共にワインと食事を楽しむことができます。鑑賞のみの入場も可能です。

【Life 「MF」】タイトルへの想い

m1tqm1n(みたみん)の「M」と Flower の「F」。
また「MF」はカメラ用語で手動による焦点合わせ(マニュアルフォーカス)の意味でもあり、ピントを肉眼で確認しレンズのピントリングを手で回転させながら調節することを表し、日常を調節しながら生活する私たちの姿と掛け合わせています。

メタバース空間にも同時展開

メタバース URL:https://cyzy.cz/uEtb9xj
メタバース内展示期間:2022 年 4 月 13 日(水)〜2022 年 4 月 30 日(土)
協力企業:株式会社メタバーズ / CYZY SPACE

各作品は「NFT」付きで販売

本個展では各作品に Startrail の NFT を付けて販売いたします。
作品の購入者は、作品に添付されたICタグにスマホをかざすだけで Startrail の NFT に記録された情報を閲覧することができます。

作品のタイトルや制作者といった作品の情報に加えて、誰が NFT を発行したかという発行者情報も記録されていて、作品の真贋が明確化され信頼性が担保されています。
また、制作者への還元金など、作品の二次流通・利用について設定した規約がサービスを横断して引き継がれ、紙での作品証明書のように、あるいは証明書を担保するものとして、管理・利用することができます。

Startrail(スタートレイル)とは?

アート作品の信頼性と真正性の担保ひいては価値継承を支えることを目指した、持続可能なブロックチェーンインフラです。
展示・売買・蒐集・査定・保存・継承など様々な領域のステイクホルダーが存在する、アート業界固有のエコシステムを支えます。
Startrail には、作品の来歴はもちろん、展示やオークションの履歴など、作品に関するさまざまな情報を永続的に記録できます。
また、二次流通時の取引や利用について、アーティスト自身が事前に独自の作品規約を設定することが可能です。