「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

チケットNFT「Digitama Stubs」がグレードアップ!

クリエイターの成功をテクノロジーで支援するZAIKO株式会社は、クリエイターとファンが直接つながれるプラットフォーム(Direct to Fan= D2Fモデル)をコンセプトに、デジタルイベント、動画配信、データアナリティクス、NFTなどの幅広い領域でプロダクト/サービスを多角的に展開しております。
この度、昨年12月より一部イベントで導入されていたNFT化されたイベントチケットNFT(Stubs)を購入できるサービス「Digitama Stubs」を全イベント主催者向けに本格展開いたします。

Digitama Stubs

Digitama Stubsとは

2021年12月に始まった「Digitama Stubs」は、イベントのキービジュアル、日程、会場名、シリアルナンバーがついた日本初のチケットNFTサービスです。
ファンはZaikoでチケットを購入する際に、NFT化された半券 (=Stubs)を同時に購入し、Zaikoが運営するDigitama(https://digitama.io/)内でコレクションできます。
コレクターが紙のチケット半券を集めていたように、NFTを用いてウェブ上で自分の購入したチケット半券をコレクションできます。
また、購入した「Digitama Stubs」は、Zaikoアカウントと紐づいたDigitamaアカウントにログインすることでいつでも確認が可能です。
Zaikoは、デジタルプラットフォームを中心に、今後もD2Fモデルのサービス提供を通し、クリエイターとファンを直接繋げることで新たな経済圏を生み出すサポートを続けております。
NFTの分野においても国内でいち早く、クリエイターの収益拡大につながるプロダクトの開発を行ってまいりました。
今回、全イベント主催者向けに本格展開をはじめる「Digitama Stubs」においても、今後、チケットプレイガイドやエージェンシーとのパートナーシップによって更なる展開を構想しております。

近日実装予定の機能

  • SNSシェア機能
    購入したファンが「Digitama Stubs」をSNSでシェアできます。
  • Digitamaマーケットプレイス
    「Digitama Stubs」の売買ができるマーケットプレイスです。売買によってファン自身が収益を得るだけでなく、主催者にも継続的な収益をもたらします。