「NFTアート メディア」のキーワードで Google 検索1位を獲得しました!

「Bybit 取引ボット」とは?メリットとデメリット・最強設定? 暗号資産の自動売買の始め方(グリッドボット)

Bybit 取引ボット

Bybit(バイビット)の取引ボットで暗号資産の自動売買ができるって聞きました。
暗号資産の自動売買にすごく興味があります。
始め方をわかりやすく教えてほしい!

そんな悩みに今回は答えていきます。

目次

記事の信頼性

KiraBlue

🍀 Bybitでアルトコイン運用
🍀 Bybitで積立ステーキング運用
🍀 Bybitで取引ボット運用
🍀 NFT Artista(NFTアートメディア)運営

Bybitで実際に暗号資産を運用している、ぼくが「Bybit 取引ボット」暗号資産の自動売買の始め方を「シンプルにわかりやすく」解説します。


» 無料でBybit(バイビット)に口座開設する

取引ボットについて

取引ボットとは、Bybitが提供する自動売買システムです。
「現物取引ボット」「積立ボット」の2種類の取引ボットがあります。

「現物取引ボット」は、あらかじめ設定された価格範囲の中で、指定された価格間隔に自動売買注文を出す取引戦略です。
価格変動を利用し、値動きの激しい市場で高いパフォーマンスを発揮します。
レンジ相場に強いという特徴があるシステムで、設定した範囲内で価格の上下が多いほど収益が増えます。

「積立ボット」は、金額と投資頻度を決めて自動的に積立をします。
特徴としてはドルコスト平均法での投資のため、リスクを抑えながら投資が可能です。

現物取引ボット」・「積立ボット」のメリットとデメリット

現物取引ボット」のメリット

  1. レンジ相場に強い
  2. 24時間自動でトレード
  3. 設定がシンプルで簡単

1. レンジ相場に強い

長い期間で見ると、相場は基本的にレンジ内での動きがほとんどです。
設定したレンジ内のグリッド数量分の注文を入れ続けて利益を得るシステムのため、価格の上下が繰り返されるほど利益が増えます。

2. 24時間自動でトレード

一度、設定してしまえば停止するまで自動的にトレードを行ってくれます。
確認するのは利益だけなので手間が必要ありません。

3. 設定がシンプルで簡単

設定するのは取引ペア・投資額・価格範囲(レンジ)・グリッド数量だけ。
シンプルなので、とても簡単です。
成績が優秀なボットのランキングがあり、その設定をコピーしてトレードすることができるので、設定に自信がない方も手軽に利用することができます。

» 「現物取引ボット」を作成する

現物取引ボット」のデメリット

  1. 設定したレンジ外では取引がされない
  2. 価格の動きしだいでは損失のリスクがある

1. 設定したレンジ外では取引がされない

設定したレンジ外では取引が発生しません。
最初の設定時に現在の価格を考慮した価格範囲を設定する必要があります。

2. 価格の動きしだいでは損失のリスクがある

現物取引ボット」をスタートしてから一方的な値動きが発生すると損失のリスクがあります。
設定しだいでリスクを減らすことができますので、それについては記事の後半で解説します。

危険と判断した時は「現物取引ボット」を停止することができるので、その方法でもリスク管理ができます。

積立ボット」のメリット

  1. 購入単価を平均化する
  2. 長期的な投資に有効
  3. 定期的に長期間、自動でトレード
  4. 設定がシンプルで簡単

1. 購入単価を平均化する

価格が低いとき購入量が増加し、価格が高いときは購入量が減少します。
そのため、高値づかみがなくなり購入単価が平均化されリスクを下げることができます。

2. 長期的な投資に有効

リスクを下げることができる結果、短期間の値動きに影響されることがありません。
長期的に暗号資産の価格が上昇すると予想しているのであれば、この投資は有効的です。

3. 定期的に長期間、自動でトレード

一度、設定してしまえば停止する、または最大投資額(任意)まで自動的にトレードを行ってくれます。
確認するのは利益だけなので手間が必要ありません。

4. 設定がシンプルで簡単

設定するのは投資元の通貨・投資する暗号資産・投資頻度・積立ボットの最大投資額(任意)だけ。
シンプルなので、とても簡単です。

» 「積立ボット」を作成する

積立ボット」のデメリット

  1. 長期的な下落局面では損失が大きくなる
  2. 大きく利益を出すことができない

1. 長期的な下落局面では損失が大きくなる

長期的な下落が続く相場だと損失が大きくなります。
ただ、将来的に上昇を考えているのではあれば、むしろ仕込みのチャンスになるので、みなさんの投資戦略にあわせて判断する必要があります。

2. 大きく利益を出すことができない

レバレッジを使ったトレードとは対極とも言えるトレードのため、リスクも減らすことができますがリターンも低くなります。

「Bybit 取引ボット」暗号資産の自動売買のはじめ方

それでは取引ボットの始め方を解説していきます。
始めるためには

  1. Bybitに口座開設をする
  2. 取引ボットを作成する

この2ステップだけです。

Bybitに口座を持っている方は取引ボットを作成するだけなのでStep.2に進んでください。
簡単なのでサクっとすすめていきましょう。

Step.1 Bybit(バイビット)に口座を開設しよう

Bybit(バイビット)公式サイトトップページ

それでは、「Bybit(バイビット)」で口座を開設しましょう。

Bybit(バイビット)で口座開設する方法をくわしく知りたい方は、こちらの記事で解説しています。

関連記事

「Bybitで口座開設してみたい。具体的な方法をわかりやすく教えてほしい!二段階認証や本人確認も合わせてを知りたい。」 そんな悩みに今回は答えていきます。 記事の信頼性 &[…]

Step.2A-1 「現物取引ボット」を作成しよう

Bybit現物取引ボットトップページ

Bybit(バイビット)取引ボットをクリック。

Bybit 取引ボットのトップページが表示されるので、「現物取引ボット」の「ボットを作成」をクリック。

Bybit現物取引ボット作成ページ

ボットの作成をしていきます。

作成するのは、ちょっとハードルが高いなと思っている方は、記事の後半でコピートレードのやり方とボクが何度も終わりそうになりながら(笑)、検証したおススメの設定を解説しているので、そちらを読んでからボットを作成してください。

  1. 取引ペア : 好きなペアを選んでください。おススメは安定しているBIT/USDTです
  2. 価格範囲 : トレードする価格範囲を決めます。右上の自動入力をクリックでもOK
  3. グリッド数量 : 価格範囲の中にどれだけ注文をいれるかを決めます
  4. 投資総額 : 投資する額を決めます

1つのグリッドの注文金額に最低金額が設定されているので投資総額に対して、グリッド数量が多すぎるとボットを作成することができません。
注意してください。

慣れるまでは100USDTくらいで運用することをおススメします。
設定も仕組みも難しいものではないので、すぐに慣れると思いますよ。

全て入力できたら「ボットを作成」をクリック。

Bybit現物取引ボット作成ページ

ボット作成確認画面が表示されるので、内容を確認して問題がなければ、「ボットを作成」をクリック。

Bybit現物取引ボット作成ページ

これで、「現物取引ボット」の作成は完了です。
ものすごく簡単でしたよね。
現物取引ボット」の運用が開始されたので、あとは結果を確認するだけです。

次はトレードの状態を確認する方法を説明します。
画面中央右側の「詳細」をクリックしてください。

Bybit現物取引ボット詳細ページ

グリッド収益額の画面が表示されます。
この画面では「現物取引ボット」の設定内容や収益に関する内容が確認できます。

「ポジション」をクリック。

Bybit現物取引ボット詳細ページ

ポジションの注文内容が表示されます。
注文の詳細な内容が確認できます。

「取引履歴」をクリック。

Bybit現物取引ボット詳細ページ

取引履歴が表示されます。
取引の詳細な内容が確認できます。

» 「現物取引ボット」を作成する

Step.2A-2 「現物取引ボット」コピートレードのやり方

Bybit取引ボットトップページ

Bybit 現物取引ボット」のトップページに日次ランキングと週次ランキングが表示されています。
現物取引ボット」の仕組みが、まだよくわからない方は、このランキングで気に入ったボットを選んでコピートレードをするのもおススメです。

気に入ったボットの右側に表示されている「コピートレード」をクリック。

Bybit現物取引ボットコピートレードページ

投資総額を入力して、「ボットを作成」をクリックするだけ。
これで「現物取引ボット」のトレードがスタートします。

»「現物取引ボット」コピートレードをスタートする

Step.2A-3 「現物取引ボット」を停止させる方法

Bybit現物取引ボット停止ページ

現物取引ボット」のページから停止させたいボットの右側に表示されている「詳細」をクリック。

Bybit現物取引ボット停止ページ

画面右側の「ボット停止」をクリックすれば、ボットが停止します。

停止する際に、どのように清算するか確認されます。
ぼくは、次のトレードがしやすいよう、すべてUSDTにしちゃいます。

Step.2B-1 「積立ボット」を作成しよう

Bybit取引ボットトップページ

Bybit(バイビット)取引ボットをクリック。

Bybit 取引ボットのトップページが表示されるので、「積立ボット」の「ボットを作成」をクリック。

Bybit積立ボット作成ページ

ボットの作成をしていきます。

現物取引ボット」と違い、「積立ボット」は設定が分かりやすいので作成は簡単だと思います。

  1. 通貨 : 投資する元の通貨です
  2. 暗号資産を選択 : トレードする暗号資産と数量を決めます
  3. 投資頻度 : 投資する間隔を決めます
  4. 取引ボットの最大投資量 : 任意になっていますが、最大投資量を最初にきめておくことができます

積立ボット」のメリットをいかすため、数年は投資できるような内容で設定することをおススメします。

全て入力できたら「ボットを作成」をクリック。

Bybit積立ボット作成ページ

積立ボット確認画面が表示されるので、内容を確認して問題がなければ、「ボットを作成」をクリック。

Bybit積立ボット作成ページ

これで、「積立ボット」の作成は完了です。
ものすごく簡単でしたよね。
積立ボット」の運用が開始されたので、あとは結果を確認するだけです。

次はトレードの状態を確認する方法を説明します。
画面中央右側の「詳細」をクリックしてください。

Bybit積立ボットステータスページ

ステータスの画面が表示されます。
この画面では「積立ボット」の設定内容や収益に関する内容が確認できます。

「注文履歴」をクリック。

Bybit積立ボット注文履歴ページ

注文履歴が表示されます。
注文の詳細な内容が確認できます。

「取引履歴」をクリック。

Bybit積立ボットパラメータページ

パラメータが表示されます。
積立ボット」の設定が確認できます。

» 「積立ボット」を作成する

Step.2B-2 「現物取引ボット」を停止させる方法

Bybit積立ボットステータスページ

積立ボット」のページから停止させたいボットの右側に表示されている「ボット停止」をクリック。

停止する際に、どのように清算するか確認されます。
ぼくは、次のトレードがしやすいよう、すべてUSDTにしちゃいます。

「Bybit 現物取引ボット」最強設定?

ここからは、ボクが実際にトレードをしながら検証していった結果、導き出した最強設定?を解説します。

?がついているとおり、トレードに絶対はありません。
ローリスクにすることをメインにしている設定なので、大きく負けることは少ないはずです。

現物取引ボット」の仕組み上、大きく負けなければ、勝つ確率があがります。

「現物取引ボット」で勝つ確率をあげるためのチェックポイント

  1. 現在の相場が下落中、もしくは暴落中の場合は様子見をする
  2. 日足のチャートを見て最高値と最安値を価格範囲にする
  3. グリッド数量は少なめの方が利益率が高い
  4. 一度に投資額全額を投入しない

現在の相場が下落中、もしくは暴落中の場合は様子見をする

現物取引ボット」を作成すると最初にUSDTから、選んだ暗号資産が購入されるため、相場が下落中や暴落中の場合は、作成直後からマイナスになる可能性があります。

記事の冒頭でも説明しましたが、「現物取引ボット」はレンジ相場の時に使うトレードなので、一方的に下落している時はトレードを避けてください。

ここまで説明して、あることに気づいた方はトレードの知識かセンスのある方です。
それは、一方的に相場が上がっているときは、トレードが発生しなくてもプラスになるということです。

ここからがポイントです。
日足のチャートを見て、現在の価格が最高値と最安値のどのあたりなのかを確認することが重要。

最安値に近いときは、ある程度リスクをとってもOKですし、最高値に近いときはリスクを下げる必要があります(最安値を割ったら、ボット停止してロスカットします)

日足のチャートを見て最高値と最安値を価格範囲にする

暗号資産チャート

これはBIT/USDTの日足です。

このチャートで解説すると、最安値は0.4028USDT・最高値は0.8510USDTなので、少し余裕をもって価格範囲を0.38~0.88USDTで設定します。

チャートを見てもらうとわかる通り、ちょっと前まで陰線が続いていましたが、最近は陽線が続いていて底打ちしたような感じになっています。

ボクは3日前の陽線が3本続いたときに、最安値も近くてリスクが少ないと判断し、ボットを作成しました。

グリッド数量は少なめの方が利益率が高い

トレードを増やした方が利益が多そうな気がしますが、実は反対です。

レンジ内の逆張りでエントリーするので、グリッド数量が多いとマイナスが大きくなるリスクもあります。
さらに利幅も少なくなってしまうので、リスクを下げて利益を最大化するためにはグリッド数量を少なめにした方がいいです。

ボクの場合はだいたい一つのグリッドが価格の10%になるくらいに設定しています。

一度に投資額全額を投入しない

これは、どの投資にも当てはまると思いますが、余裕がない投資は勝てる可能性が少ないです。

多少の損失は平気なくらいの投資額で最初のボットを作成すれば、次のトレードへの展開を冷静に考えることができます。

ボクの場合は最初のボットは全投資額の10~20%、最大でも70%程度までにしています。
ロスカットも気軽にできますし、チャートを見て価格範囲の上下限に近ければ追加も可能です。

つまり、勝つ確率が高いトレードができるということです。

» 「現物取引ボット」を作成する

まとめ

「Bybit取引ボット」は自動売買なので設定しておけば、放置できるところが最高です。
あとは毎日、チェックするだけ。

Bybitは他にも豊富な資産運用がありますし、暗号資産の取扱量も国内とは段違いです。
必要になってからでは間に合わないことが多い(経験談)ので、口座開設だけでも準備しておくことをおススメします!

» 無料でBybit(バイビット)に口座開設する

関連記事

「Bybitで口座開設してみたい。具体的な方法をわかりやすく教えてほしい!二段階認証や本人確認も合わせてを知りたい。」 そんな悩みに今回は答えていきます。 記事の信頼性 &[…]